子ども虐待防止オレンジリボン運動

あしながサンタブログ

2023年01月25日
ボランティアサポート

ボランティア活動が継続していく為の一助に

 

あしながサンタ運営事務局です。

児童養護施設には基本的に2歳〜18歳の子どもたちが生活をしています。
職員の方々が交代で24時間365日で勤務をしていますが、子どもたちとの時間は十分に確保することができないのが現状です。
想像してもらえればわかることですが、例えば20人の子どもたちに対して大人3人だったとしたらどうですか?

一般の家庭で両親2人子2人であっても、下の子に手が取られて上の子が赤ちゃんがえりすることもよくある話です。
育児を実際にされている方であれば、どれだけ難しいことかわかると思います。

それでも施設職員の方々は計画を立てて個別に時間を一緒に過ごしたり、状況に合わせて1対1で話をするようにしています。
でも、現実的に大人の手が足りていないので、私も施設で働いている時は常に葛藤していました。

 

そういった実態があるからこそ、児童養護施設にボランティアで来てくださる方々の存在はとても有難いのです。
学習ボランティアや遊びボランティアなどを聞いたことはあるでしょうか?他にも色々なボランティアの方々が子どもたちの支援に関わってくれています。

でも、ボランティアなら何でも良いという訳ではありません。
子どもたちや施設のニーズに合っていることや児童養護施設への理解は重要です。大人の都合で急にボランティアをやめたり、自分本位な取り組みになるのは違うと思います。子どもたちの気持ちや生活に十分な配慮ができることは大前提だと思っています。
もちろん、ボランティアの方にも事情はあるので急に来られなくなることはあるかもしれません。でも、突然信頼している人が来なくなったと考えたらどうでしょうか?
予め期間やゴールなどを設定することやお互いが納得できる形で最終日のあり方を決めるなど、子どもたちの気持ちを考えた対応をお願いしたいと思っています。

ボランティアの方々に活動をしていく上での悩みも聞きました。各ボランティア団体で課題はそれぞれではありましたが、多くの答えとして「活動資金」が確保できない為に、活動が続けられないとのことです。
そのことから、日本児童養護施設財団では児童養護施設の子どもたちに関わるボランティア活動をされている団体に支援金を交付させて頂き、2023年度も継続的なボランティア活動のサポートさせて頂きます。

 

2月1日に募集を開始しますので、児童養護施設に関係したボランティアを行っている方々は2月1日に出る案内をチェックしてくださいね。

 

ボランティアへのハードルが上がってしまうようなことを書いてしまいましたが、全国の児童養護施設にアンケートを取った結果、多くの施設がボランティアの方々に助けられているという回答だったことは併せて書かせて頂きます。支える大人の輪と増やし、子どもたちへの理解を共に深めていきましょう!!




【FM世田谷/放送中】ON AIR もっち〜ラジオ with はなわ

FM世田谷より『ON AIR もっち〜ラジオ』が毎週日曜日、朝11:00〜11:15に放送されています。お笑い芸人のはなわさん、児童養護施設出身の声優の神庭(かんば)ひろみ、公式キャラクターのもっち〜がお送りする業界初の児童養護施設に特化したラジオ番組です。番組内容は児童養護施設の内面のことや日本児童養護施設財団の活動のご紹介を初め、様々な素敵なゲストを迎える番組となります。こちらはエフエム世田谷の全面協力の元、放送をさせていただいております。
▶︎WEBページはこちら

<過去の放送を聴いてみる>

【公開中】Youtubeチャンネル


日本児童養護施設財団のYoutubeチャンネルにて、『もっち〜とあっき〜が行く施設長インタビュー』『応援メッセージ』『ON AIR もっち〜ラジオのアーカイブ』『寄付サイト』のPVが公開中です。チャンネル登録して頂けますと幸いです。
▶︎チャンネルはこちら

【無料掲載】卒園生対象 企業求人サイト

もっち〜ナビは就職を希望する子どもたちの選択肢が広がるように願いを込めて運営している児童養護施設専門の求人サイトです。施設で暮らす若さ溢れる子どもたちを積極的に採用したい企業のみが求人掲載をしているので、これから施設を退所する高校生や一度施設を退所した卒園児が再就職を目指す場合に活用してください。求人情報にある企業の窓口にご連絡をしていただけますと、求人担当から案内を受けることができます。この事業は営利活動ではないため、掲載課金、採用課金、応募課金、オプション課金は一切しておりません。掲載したい企業も随時募集しております。
▶︎WEBページはこちら

【開館中】日本子ども未来展 オンライン美術館

日本子ども未来展は、児童養護施設の子どもたちの豊かな成長を願うと共に、子どもたちが描く絵画を通して日々の生活だけでなく、子どもたちがそれぞれ持つ「夢」や「希望」を自由に表現する事で自分たちの将来について考える「きっかけ」を持ってもらうことを目的に実施しております。是非ご入館してみてください。子どもたちの素敵な感性や表現力の高さを垣間見れるので手を差し伸べたくなると思います。
▶︎WEBページはこちら

【寄付】あしながサンタ

2019年8月に全国の児童養護施設(607施設)へ、クリスマスに関してのアンケート調査を実施しました。アンケート調査により、1施設あたりの子ども1人に対してのクリスマスプレゼント代の平均予算(約3000円)がわかりました。そこで分かったのが、どの施設も子どもたちが施設生活を送る上で、不自由がない生活を送らせるために、クリスマスの予算を、習い事、衣服費、小遣い、ユニット旅費などに、適切に振り分けられていることがわかりました。ここに私たちがサポートできることがあると考えました。
▶︎WEBページはこちら