子ども虐待防止オレンジリボン運動

あしながサンタブログ

2020年09月16日
児童養護施設の実態

児童養護施設の実態を知って欲しい 卒園者の声 Vol.3

こちらでは児童養護施設をより多くの方に知って欲しいため卒園した方へアンケート&インタビュー調査した内容を掲載させていただいております。プライバシー保護のため施設名や名前は記載しておりません。また本人に許可を得た上で掲載をさせていただいております。

 

児童養護施設卒園者 歌が上手なK君 (男性)

幼い頃、お母さんに育てられていました。幼稚園の記憶はありませんが、小学校に上がると同時に理由も分からず施設で暮らすことになりました。当時は施設のルールや子どもの上下関係が分からなかったのですが、生活をしていくうちになんとなくわかってきました。施設の生活に慣れていくと、職員の見えない所で、年上が威圧してきます。あの時は悔しかったけど、今思うと自分も同じことを下の子にしていたのかも知れません。まぁ理由はなめられないようにですかね。(笑)高校に入ると卒園までのタイムリミットが近づいてきます。今だから話すのですが、当時は歌手に慣れたらなと思っていました。バカにされるから人には言いませんでした。

今は友達の紹介で建設の仕事をしながら友達とカラオケに行くのが楽しみです。仕事は朝が早くて辛いけど、お金が入るので感謝してます。施設を卒園した当時は、お金がなかったので色々な人に迷惑をかけてしまいました。

[全国児童養護施設総合寄付サイトについて一言]
もう一度歌手を目指そうかな。(笑)

[全国児童養護施設総合寄付サイトで寄付して下さっている方々へ一言]
卒園した時に思いましたが、本当に辛かったです。寄付をしてくれてありがとうございます。

 

児童養護施設卒園者 イラストを描くのが好きなNちゃん (女性)

私はやつ(父親)の暴力により中学生から施設で生活することになりました。子ども同士の関係はめんどいけど、好きな女性職員がいたから癒されました。私の施設のイメージは、家より安心できる場所です。好きな小説や漫画を読んだり、イラストを描いたりしていると落ち着きます。趣味が合う親友もできました。高校に入ると職員に将来のことを考える時期になったよと言われ、進路を考えました。好きなことをやりたいと思い、イラストの専門学校に行こうと思いました。自分なりに学費を計算したら、続けていけるか心配になり断念しました。もちろん奨学金も考えましたが、返済が難しいと聞いていたのでやめました。今はアパレルの仕事をしながら、コミケに行くことが楽しみです。卒園してからは、助けてくれる人が少なかったから本当に不安でした。働いた給料もアプリに課金してしまったので、気づいたら家賃が払えず、〇〇職員から借金をしちゃいました。いつかは返せるように頑張ります。(笑)

[全国児童養護施設総合寄付サイトについて一言]
もっとお金を集めて、私を支援して欲しかったです。

[全国児童養護施設総合寄付サイトで寄付して下さっている方々へ一言]
卒園する子どもたちは助かると思います。

 

色々な思いで児童養護施設で生活をしております。
「あしながサンタ」への継続的なご寄付お願いします。

【FM世田谷/放送中】ON AIR もっち〜ラジオ

FM世田谷より『ON AIR もっち〜ラジオ』が毎週火曜日、朝11:00〜11:15に放送されています。オフィシャルキャラクターのもっち〜、事務局長あっき〜、PR大使神庭(かんば)ひろみがお送りする業界初の児童養護施設に特化したラジオ番組です。番組内容は、児童養護施設の内面のことや日本児童養護施設財団の活動のご紹介を初め、様々な素敵なゲストを迎える番組となります。『ON AIR もっち〜ラジオ』はエフエム世田谷の全面協力の元、放送をさせていただいております。
▶︎WEBページはこちら

<放送を聴いてみる>

【公開中】Youtubeチャンネル


日本児童養護施設財団のYoutubeチャンネルにて、『もっち〜とあっき〜が行く施設長インタビュー』、『応援メッセージ』、『寄付サイト』のPVが公開中です。チャンネル登録して頂けますと幸いです。
▶︎チャンネルはこちら

【無料掲載】卒園生対象 企業求人サイト

全国児童養護施設 企業求人サイトは、現場職員が欲しい企業の求人情報を集めた、児童養護施設版の求人専門サイトとなります。働きたいエリアを選び、企業の窓口にご連絡をしていただけますと、求人担当のスタッフから案内を受けれてます。この事業は営利活動ではないため、掲載課金、採用課金、応募課金、オプション課金は一切しておりません。掲載したい企業を募集しております。
▶︎WEBページはこちら

【入館中】日本子ども未来展 オンライン美術館

日本子ども未来展は、児童養護施設の子ども達の豊かな成長を願うと共に子ども達が描く絵画を通して日々の生活だけでなく、子ども達がそれぞれ持つ「夢」や「希望」を自由に表現する事で自分たちの将来について考える「きっかけ」を持ってもらうことを目的に実施しております。是非ご入館してみてください。子ども達の素敵な感性や表現力の高さを垣間見れるので手を差し伸べたくなると思います。
▶︎WEBページはこちら

<第1回 オンライン美術館へのご入館はこちら>

<第2回 オンライン美術館へのご入館はこちら>

【寄付】全国児童養護施設総合寄付サイト


全国児童養護施設総合寄付サイト運営・普及事業を行っております。こちらのサイトは児童養護施設の現場職員が集まり、開発・製作された業界初の職員の声を「カタチ」にした寄付サイトとなります。寄付サイトの製作に至っては全国の児童養護施設にアンケート調査を実施、数値データに基づき本当に必要な支援と判断したため事業を行なっております。事業の活動については、サイト内のブログでご報告をさせていただいております。ご支援が必要な事業となりますので、ご寄付をお願いします。
▶︎WEBページはこちら