子ども虐待防止オレンジリボン運動

あしながサンタブログ

2020年10月28日
児童養護施設の実態

児童養護施設の実態を知って欲しい 卒園者の声 Vol.9

こちらでは児童養護施設をより多くの方に知って欲しいため卒園した方へアンケート&インタビュー調査した内容を掲載させていただいております。プライバシー保護のため施設名や名前は記載しておりません。また本人に許可を得た上で掲載をさせていただいております。

児童養護施設卒園者 人を笑わせるのが好きなAちゃん (女性)

今だから言えるのだけど私は中学1年の時に年上の先輩達と夜中遊んでいて警察に補導され、両親と連絡がつかなかったことが原因で保護されました。それから両親とは連絡が取れたのですが、よくわからない理由で施設で生活をすることになりました。当時はかなりムカつきました。私の両親は夕方から仕事で朝まで帰ってこないからそれが理由なのかはわかりませんが。今は夜の接客のバイトをしています。まじめんどいおっさんがいるけど、同業の人たちが似たような環境で育った子が多いから、あまり気を使わずに働けてます。(ウソ)

[全国児童養護施設総合寄付サイトについて一言]
もっとお金を集めて私を支援してください。

[全国児童養護施設総合寄付サイトで寄付して下さっている方々へ一言]
特にないです。

児童養護施設卒園者 バーテンダーのOくん (男性)



俺は
4歳の時から施設で生活することになりました。生まれた時から父ちゃんがいなく母ちゃんは体が弱く入退院を繰り返していたからです。当時の私の楽しみが母ちゃんとの面会でした。母ちゃんと会うことで元気をもらえました。それから中学、高校と陸上部に入り、長距離ランナーとして活躍をしていたとかいないとか。(笑)今は先輩の紹介でバーテンダーとしてバーで働いています。お酒の種類を覚えるのは大変ですが、お客さんに喜んでいただけるのが嬉しいです。これからは自分でお店を持てるように経営の勉強をしていこうと思っています。

[全国児童養護施設総合寄付サイトについて一言]
卒園した後も支援してもらえる仕組みを作って欲しいです。

[全国児童養護施設総合寄付サイトで寄付して下さっている方々へ一言]
ありがとうございます。

色々な思いで児童養護施設で生活をしております。
「あしながサンタ」への継続的なご寄付お願いします。

【FM世田谷/放送中】ON AIR もっち〜ラジオ

FM世田谷より『ON AIR もっち〜ラジオ』が毎週火曜日、朝11:00〜11:15に放送されています。オフィシャルキャラクターのもっち〜、事務局長あっき〜、PR大使神庭(かんば)ひろみがお送りする業界初の児童養護施設に特化したラジオ番組です。番組内容は、児童養護施設の内面のことや日本児童養護施設財団の活動のご紹介を初め、様々な素敵なゲストを迎える番組となります。『ON AIR もっち〜ラジオ』はエフエム世田谷の全面協力の元、放送をさせていただいております。
▶︎WEBページはこちら

<放送を聴いてみる>

【公開中】Youtubeチャンネル


日本児童養護施設財団のYoutubeチャンネルにて、『もっち〜とあっき〜が行く施設長インタビュー』、『応援メッセージ』、『寄付サイト』のPVが公開中です。チャンネル登録して頂けますと幸いです。
▶︎チャンネルはこちら

【無料掲載】卒園生対象 企業求人サイト

全国児童養護施設 企業求人サイトは、現場職員が欲しい企業の求人情報を集めた、児童養護施設版の求人専門サイトとなります。働きたいエリアを選び、企業の窓口にご連絡をしていただけますと、求人担当のスタッフから案内を受けれてます。この事業は営利活動ではないため、掲載課金、採用課金、応募課金、オプション課金は一切しておりません。掲載したい企業を募集しております。
▶︎WEBページはこちら

【入館中】日本子ども未来展 オンライン美術館

日本子ども未来展は、児童養護施設の子ども達の豊かな成長を願うと共に子ども達が描く絵画を通して日々の生活だけでなく、子ども達がそれぞれ持つ「夢」や「希望」を自由に表現する事で自分たちの将来について考える「きっかけ」を持ってもらうことを目的に実施しております。是非ご入館してみてください。子ども達の素敵な感性や表現力の高さを垣間見れるので手を差し伸べたくなると思います。
▶︎WEBページはこちら

<第1回 オンライン美術館へのご入館はこちら>

<第2回 オンライン美術館へのご入館はこちら>

【寄付】全国児童養護施設総合寄付サイト


全国児童養護施設総合寄付サイト運営・普及事業を行っております。こちらのサイトは児童養護施設の現場職員が集まり、開発・製作された業界初の職員の声を「カタチ」にした寄付サイトとなります。寄付サイトの製作に至っては全国の児童養護施設にアンケート調査を実施、数値データに基づき本当に必要な支援と判断したため事業を行なっております。事業の活動については、サイト内のブログでご報告をさせていただいております。ご支援が必要な事業となりますので、ご寄付をお願いします。
▶︎WEBページはこちら